え?どこが虫歯だった!?目立たない虫歯治療法とは?自分に合った歯医者選びをしよう

通いたくなる歯医者選びとは?先生より受付を見よう!

歯医者って、なかなか足が向かないですよね。虫歯があるってわかっていても、多少しみる所があっても、我慢できる程度の痛みならもう少し様子を見ようなんて思ってる人も多いのでは?最近の歯医者は、建物の外観も内装もおしゃれな所が多いですよね。どうせ通うなら、自分好みのおしゃれな歯医者を選んでみるのも良いかもしれませんね。先生が怖いかもなんて心配もありますが、意外と大事なのは、先生との相性より受付担当のスタッフだったりします。それはなぜか?無愛想な受付をさせている歯医者は、院長とスタッフがうまくいっていない可能性があり、受付業務にまで院長の目が行き届いていないからです。それとは違い、とても感じの良い受付対応をしてくれるスタッフがいる歯医者は、院長との関係も良好であるので病院内の雰囲気も良く、スタッフにも気配りができる素敵な院長や先生がいる歯医者ということがわかりますよね。

目立たない虫歯治療法とは?

虫歯を治療する、と聞いてどんな治療を思い浮かべますか?銀歯にされるかも!とか、いっぱい歯を削られて小さくなっちゃうかも!なんて思う人もいるかもしれませんね。歯の中には神経(歯髄)が通っており、歯髄に達するほどの進行した虫歯でなければ、意外とすぐに目立たなく綺麗に治すことができるのです。虫歯になっている箇所を削り、歯科用の樹脂で埋めていきます。この時、その人に合った歯の色に近い樹脂を選びます。照射することで樹脂を固めます。痛みはありません。あとは研磨するだけで、ほとんど目立たなくなりどこを治療したの?とわからないほどです。健康保険の範囲でできる治療の為、費用も少なくて済みます。

麻酔は?注射は痛い?

心配なのが、治療する時に麻酔治療をするのか?ということもありますよね。最近では、麻酔が必要な治療の時は表面麻酔薬を塗り痺れたところに注射をします。ですから、痛みも少ないのです。どうしても麻酔を極力避けたいという場合は、事前に伝えておくと良いですよ。なるべく痛くないように刺激の少ない器具を使うこともできます。ただ、どうしても必要な治療ももちろんありますので、先生とよく話し合いが必要になりますね。そういうことも含めて、話しやすい信頼できる歯医者選びってとても大切ですね。定期的に検診を受けて、虫歯ができても麻酔をせずに治療できる程度にとどめておくという心がけも大切ですね。

オールセラミックの製品のメリットとしては、耐久性が優れていることや、デザイン性が豊かであることが特徴です。、