歯並びを良くして健康美人!その選び方について

歯並びを良くするのは見た目の問題だけじゃない

とても整った顔の人がにっこりと笑った時に、歯並びがよくないと分かってしまうと「あれ」と思うことがあるでしょう。また、美人女優ともてはやされる芸能人に歯並びが悪い方はほとんどいません。それだけ見た目の印象に影響を与えてしまうからです。しかし、歯並びをよくすることは「歯ブラシの届かない・届きづらい場所を無くすため虫歯のリスクが減る」「かみ合わせが正しくなり、歯の噛む力が適切になり悪影響がなくなる」といった健康におけるメリットも多いのです。このため、単純に見目の問題だけでなく歯科矯正は是非検討して欲しいことと言えます。

技術の進歩によって様々な方法があります

少し前の歯科矯正は、歯に器具を取り付けて締め付けるという方法を取っており、この装置が一般的に銀色の金具のように見えたため、誰でもすぐに歯科矯正をしているなと分かってしまうものでした。しかし様々な口腔技術が発展したことから、マウスピース型のものを取り付ける、葉の裏側に装置を取り付けるといった様々な矯正方法が選べるようになってきました。小さい子供であれば周囲からからかわれてしまうかもしれませんし、大人であれば仕事の関係などで目立ったものを付けたくないと考える方もいるでしょう。歯科矯正を行う医院のサイトを見るなどして、どのような方法で矯正を行っているか確認すると安心です。

ただし処置の内容によっては選択肢が少ないかも

ただ、実際に歯をどのように矯正していくかという問題によって、希望する方法が取れない可能性があります。というのも、歯の一部だけ直すのか、あるいは全ての歯を直すのかといった違いと共に、個々の顎の大きさや骨の状態、歯のズレ方などによって一部の矯正方法が効果的でないと判断されることがあるのです。こういった判断は医師によって下されますので、「自分としてはこの治療法を選びたい」という希望を伝えて、最終的にどのように治療していくかを相談した方がよいでしょう。先に述べた銀色の装置も、今は透明でぱっと見ただけでは分かりづらいものも流通しているので、そういったものを選択することなどが考えられます。

出っ歯の矯正というのは、コンプレックス解消に大変役立つ治療として人気で、自分の見た目に自信が持てるようになります。