ちょっとした習慣づくりで、目指せバストアップ!

バストアップに効果的な食べ物とは?

誰もが憧れる大きく整ったバスト。日々のちょっとした習慣づくりで、バストアップに近づく方法をご紹介します。まずは食べ物。バストアップに欠かせないのは、女性ホルモンの分泌です。それを促進する代表的な栄養素は、4つ。1つ目は「イソフラボン」、大豆に含まれていることはあまりにも有名ですね。2つ目が「タンパク質」、肉・魚・大豆・海藻などに豊富です。3つ目は「ビタミンE」、アボカドやアーモンドなどに多く含まれています。最後が「ボロン」、あまり聞き慣れない栄養素ですが、キャベツや海藻、レーズンなどが代表的です。

姿勢や運動にも気を配って

バストで大切なのは、まず姿勢。知らず知らずのうちに、猫背になっていませんか?背すじをぴんと伸ばすことで、バストが上を向き、バスト形成に必要な大胸筋がついていきます。バストアップのためのストレッチが、あらゆるところで紹介されていますが、有酸素運動も欠かせません。有酸素運動によってホルモン分泌が促進され、新陳代謝も上がるためです。ただしランニングの場合、胸を揺らしてしまうと形が崩れるもとなので、スポーツブラなどで胸を固定しましょう。

ブラは身体に合ったものを

デザインがかわいい、胸を寄せてくれる、などで合わないサイズのブラを使っていませんか?正しいサイズのブラをつけることで、背中や脇に流れた脂肪をとりこみ、自然にバストアップすることができます。ブラ選びで重要なのは、何よりアンダーバストがフィットしていること。カップとバストの間に隙間がないかも注意してください。そして身体を動かしてもブラがフィットしているかチェック。これがあなたに合ったブラです。一度ショップでサイズを計測してもらうと、より確実なブラ選びができますよ。

胸を大きくすることで、女性らしいシルエットを実現できるため、今まで以上に魅力アップを図れるというメリットがあります。